旅するヨーキー

旅行が趣味で、これまで42ヶ国訪問/ときどき犬連れ

レジーナリゾート旧軽井沢① 〜犬と新幹線で軽井沢〜

初めてのブログは犬連れ旅行についてです。

愛犬を連れて、3月にジーナリゾート旧軽井沢に泊まってきました。

 

ジーナは高いので、金曜から一泊二日で予約。

公式HPから予約すると愛犬宿泊料が無料になるとのことで、公式HPから予約しました。

 愛犬と過ごす贅沢な時間、レジーナリゾート旧軽井沢【公式】 

 

 

 

 

軽井沢にはレジーナホテルが2つある

軽井沢にはレジーナホテルが2つあります。

(今回泊まった「旧軽井沢のほかに、「軽井沢御影用水」があります。) 


今回の移動は車ではなかったので、

軽井沢駅やアウトレットに近い立地がよかったのと、

和食が食べたかったので旧軽井沢を選びました。(軽井沢御影用水はフレンチ) 
 

ジーナに泊まるのは「富士」「箱根雲外荘」に続き3つめ。

清潔感があり食事も美味しく、お客さんはみんな犬連れで気楽なところが好きです。

プライベートドッグラン付きの部屋が良かったので、1階の「ガーデンモデレート」というお部屋にしました。

新幹線で東京→軽井沢へ

f:id:latemaru:20210422184936j:plain

今回の移動手段は車ではなく新幹線。東京駅から軽井沢駅へ向かいます。

犬を新幹線に乗せるのは初めてだったので、事前に料金や乗せ方を確認。 


犬は「手回り品」扱いとなるため、

乗車前に東京駅のみどりの窓口手回り品切符を買う必要があります。

切符代は290円でした。 

  •  
  • ・長さ70センチ以内で、タテ・ヨコ・高さの合計が90センチ程度のケースにいれたもの
  • ・ケースと動物を合わせた重さが10キロ以内のもの
  • 出典:手回り品:JR東日本
  •  

 

どんなバッグに入れたらいいか

私は犬と電車に乗るときにいつも使っている
Free Stitch(フリーステッチ)のトートバックにしました。
 
キャンパス生地なので少し重いですが、
どんな服にでも合うデザインと、
カバンが縦長なので、犬が体を伸ばして眠りやすいところがお気に入りです。
 
ただ、もともと入っていた底敷がひんやりと冷たくてかわいそうなので、毎回ブランケットを敷いているのですが、今更ながら、free-stitchからバックの底に敷くボアカバーが販売されていることを知りました。
 
もっと早く知りたかった!!
 
これからキャリーバックの購入を考えている方には、ボアカバーも併せて購入されることを強くおススメしたいです。
 
ペット用キャリーは実はもう一つ持っていて、Winsunのリュックです↓
 

 

こちらも犬と電車に乗るときに使っています。
 両手が空くのでリュックもおススメです。

f:id:latemaru:20210422195629j:plain

 

ベーカリー&レストラン沢村 旧軽井沢でランチ

ベーカリー沢村 旧軽井沢

10時半東京駅発の新幹線"はくたか"に乗って、

11時半過ぎに軽井沢駅に着きました。あっという間です。

 

3月といえど、駅の裏のスキー場には雪が残っていて山からの風が冷たい。
 
朝ごはんを食べていなかったので、朝昼兼用で「ベーカリー&レストラン沢村 旧軽井沢」へ直行。軽井沢駅北口から出て、軽井沢本通りを真っすぐ歩くこと約20分。
 

f:id:latemaru:20210422201347j:plain

 パン屋さんとレストランが別々にあり、レストランを利用しました。
ペットはテラス席のみ可です。
SAWAMURA特製ハンバーガーと、
北軽井沢産きのこと自家製ミートソースのラザニアを注文。

f:id:latemaru:20210422201310j:plain

アメリカのハンガーガーのようにジューシー。
ラザニアは数量限定のようで、今まで食べたラザニアの中で断トツの美味しさでした。
 

ベーカリー&レストラン沢村 旧軽井沢

住所:〒389-0103 長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢12-18

電話:0267-41-3777

営業時間:8:00-20:00

 
 
「レジーナリゾート旧軽井沢」宿泊記につづきます↓